SSブログ

島田探訪-1 [静岡]

世界一長い木橋は凄かった
______________________________________________
DSC02786.JPG
5月16日(木)朝からの雨も上がりそうなので
島田市へと出かけてみました。

DSC02787.JPG
まずは、牧之原台地の茶畑の中にあるふじのくに茶の都ミュージアム
訪れました。

DSC02793.JPG
展示室を見た後に静岡茶のいれ方体験(200円)に参加しました。
20分ほどの体験でしたが、これがなかなか面白かったです。
その後、日本庭園にある茶室を見学。

DSC02799.JPG
こちらでは、茶道体験(600円)も出来るとのことでした。

DSC02805.JPG
小堀遠州が手掛けた庭を復元したものだそうです。

DSC02806.JPG
欧米人には喜ばれるでしょうね。

ミュージアムショップには、お茶は勿論
茶器や菓子などの品ぞろえも良く
ちょうど買い物をしていた欧米人を見ると、ショッピングバッグいっぱい
買っていました。

DSC02817.JPG
そして、大井川に架かる蓬莱橋を訪れました。

DSC02823.JPG
この橋の全長は、897.4メートル
世界一長い木橋としてギネス認定もされています。
渡橋料100円を払い、歩いてみます。

DSC02827.JPG
この橋は、牧之原台地を茶畑にする為に開拓。
ところが、大井川が増水すれば船が運航できないなど支障をきたしたので
明治12年にこの橋が架けられたのだそうです。

DSC02829.JPG
大井川の流れは早く
また、風も強い。
かなりの風を感じながら

DSC02832.JPG
14分かけて反対側に渡り切りました。
渡っても、今度は戻らねばなりません。

DSC02835.JPG
ふ~、きつかった。

だけど、この橋は行ってみる価値があると思います。
大井川の川幅の長さと流れの速さを実感できました。
越すに越されぬ大井川ですね。

DSC02837.JPG
土手には、長閑な光景が広がっていました。

島田探訪-2に続く


よろしかったら、お願いします


にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村



nice!(86)  コメント(26) 
共通テーマ:地域

nice! 86

コメント 26

リュカ

静岡茶のいれ方体験興味あります。
お茶大好きだけど、きっと上手には淹れられてない気がするからw
by リュカ (2024-05-22 12:57) 

馬場

>大井川に架かる蓬莱橋
うわー素晴らしい~~渡って見たくなります。
後で調べてみよう(*'▽')
by 馬場 (2024-05-22 16:03) 

ファルコ84

地味で日本的で外国人に受けそうな体験ですね!
料金を払って渡る橋、初めてです
でも、木造の長い橋が残されているのに驚きました。
ちょんまげ時代を連想します。
by ファルコ84 (2024-05-22 16:36) 

風神

茶畑って綺麗ですね。手入れされた生垣のように感じました。
この木橋は、時代劇の撮影に使われてないですか。どこかで見たような記憶が、...。
by 風神 (2024-05-22 17:39) 

JUNKO

お茶の入れ方体験はうけてみたいです。蓬莱橋を渡る体験の方は遠慮しておきましょう。
by JUNKO (2024-05-22 19:18) 

kiyotan

大井川は川幅長くて広いですね
流れも速いんですね さすが難所

by kiyotan (2024-05-22 20:00) 

八犬伝

TO:リュカさん
まず、茶器を温める
そして、7回くらいに徐々に注いでいく
こんな感じでした。

TO:馬場さん
ここはお勧めです。
大井川の幅広さ、大変さを実感できます。

TO:ファルコ84さん
そうなんですよ。
この日も外国人(欧米人)が数組
そうだ、私たちが到着した時は
さらにバスで来た欧米人が帰る頃でした。
by 八犬伝 (2024-05-22 20:53) 

八犬伝

TO:風神さん
うう~ん、どうなんでしょうか?
特にそのような掲示板や写真もなかったですが
あっても、おかしくないですね。

TO:JUNKOさん
いやあそう仰らずに
木橋も是非に!

TO:kiyotanさん
江戸時代、よく川止めがあったという話も
うなずけました。
by 八犬伝 (2024-05-22 20:55) 

ゴエ

蓬莱橋は10年程前の正月に訪れたことがあります。
欄干が余りに低く、板が腐っている箇所に×印が
してあったりと、日本全国 “怖い橋” は多々あれど
“危険な橋” はここだけだろうと思いましたね。
特に小さなお子さん連れには注意が必要です。
by ゴエ (2024-05-22 20:59) 

斗夢

TVドラマ(時代劇)で出てくる橋ですね。
木造で残すところがいいですね。
by 斗夢 (2024-05-22 21:44) 

kuwachan

静岡茶のいれ方体験、200円なら是非参加したいです。
より一層美味しくお茶をいただけそうな感じがします。
by kuwachan (2024-05-22 21:53) 

pn

低い欄干が地味に怖いかも(^_^;)
by pn (2024-05-23 09:05) 

ぼんぼちぼちぼち

世界一長い木橋が日本にあったとは、驚きでやす!
渡るのに14分もかかったのでやすね!
最初、作られた時は、ものすごい労力だったでやしょうね。
by ぼんぼちぼちぼち (2024-05-23 19:02) 

ローリングウエスト

島田の蓬莱橋は3回渡りました。こここそ世界に知れたらインバウンドがワンサカの様な気がします。今日は真夏日になるそうでいよいよ夏日気温が常態化してきそうですね。台風も近づいているので雨の日も多くなりそう・・。湿気でカビにも気をつけなきゃいけない季節も到来ですね。
by ローリングウエスト (2024-05-24 10:50) 

八犬伝

TO:ゴエさん
板を取りかけた個所が何か所かあり
そこだけ新しい木材となっていました。
子供連れは危ないですね。

TO:斗夢さん
そうですか
やはり、ロケに使われていましたか。

TO:kuwachanさん
確かに、この体験で飲んだ茶は美味かったです。
まあ、もっとも高級な物だったせいもあるのでしょうが。
by 八犬伝 (2024-05-24 19:49) 

八犬伝

TO:pnさん
そうなんですよ
この欄干は、やばかったです。
強風で吹き飛ばされそうでした。

TO:ぼんぼちぼちぼちさん
相当な難工事だったでしょうね。
川の流れは急ですし。

TO:ローリングウエストさん
そうですね
世界に知られて欲しくないですね。
橋の真ん中ほどからは晴れた日には
富士山も拝められると聞きました。
by 八犬伝 (2024-05-24 19:55) 

ゴエ

再度のコメントでスミマセン!
私が蓬莱橋を訪れたのは1月3日の夕方近い時間
でしたが、あまり寒さを感じない陽気のよい1日
でした。反対方向から来る年配の男性が声を掛け
てきます。「風がないからいいねエ!」「ええ、
いいお正月で!」古の旅人達もこんな風にして
旅を続けていたのでしょうね。

by ゴエ (2024-05-24 21:13) 

Inatimy

最初の方の橋の写真ではわからなかったけれど、
思ったより高さがあるんですね。
橋脚の長さを見てびっくりでした。
by Inatimy (2024-05-24 21:51) 

お散歩爺

茶の都ミュージアムでは茶を楽しまれてから、蓬莱橋へ、
素晴らしい造りですが沈下橋なのかな?長さに驚きです。
by お散歩爺 (2024-05-25 12:02) 

八犬伝

TO:ゴエさん
いえいえ、ありがとうございます。
いい話ですね。
きっと、そうだったのでしょうね。

TO:Inatimyさん
ここは長いですよ。
そして、風がとても強いのです。

TO:お散歩爺さん
この橋は、沈下橋ではないようです。
明治の建造物ですから
これだけ、欄干が低いのかと思います。
by 八犬伝 (2024-05-25 12:22) 

Jetstream

TVでも見たことがあります。このような長い木道がまだ保全されているのは驚き、渡ってみたいです。
by Jetstream (2024-05-27 14:02) 

八犬伝

TO:Jetstreamさん
そうですか、ご覧になりましたか。
ここは、なかなか凄かったです。
大井川に幅広さを実感しました。
by 八犬伝 (2024-05-27 20:06) 

Cedar

蓬莱橋、昨年春に行きました。なかなか良かったです。その日は旧静鉄駿遠線の走っていた城下町横須賀の築100年の旅篭に泊まり、旅気分を味わいました。
by Cedar (2024-05-28 14:13) 

八犬伝

TO:Cedarさん
なかなか良いところですよね。
静岡鉄道は路線を張り巡らせていたと聞いたのですが
築100年の旅篭もあるのですね。
by 八犬伝 (2024-05-28 19:52) 

おと

素敵なところですね~!行ってみたいな~♪
ミャンマーのマンダレーにある木造のウーベイン橋を歩いたことがあるんですが、ほんとに怖かったです(笑)。1.2Kあるそうで、ギネスには載っていないのかも。。
by おと (2024-05-29 21:42) 

八犬伝

TO:おとさん
ミャンマーですか
1.2Kとは、これまた凄いですね。
きっと、ギネスに登録していないのか
何かの問題があるのかもしれませんね。
by 八犬伝 (2024-05-29 21:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。